豪ドルmmf円高

円高の時期に外貨MMFを持つ意味はあるのでしょうか。
外貨建ての投資信託ですから、簡単に言えば円高のときに買って、円安になってから売れば、為替差益が得られます。
その通貨の安いときに買って、高くなったら売るというわけです。
比較的円安傾向になってきた昨今ですが、歴史的水準からみればまだまだ円高の範囲といえるでしょう。
今後、もう少し円安になっていくと多くの経済の専門家が考えているようです。
外貨ベースの元本の保証は、性格上ありませんが、高格付けの債権に投資するなど安定した運用がされていて安心です。
それに、外貨預金よりも為替手数料が安い点、円建ての貯蓄よりも利息にあたる分配金が高い点など、魅力はいっぱいです。
これに円高時の購入による為替差を期待できるのですから、ポートフォリオの一部に組み入れるなら、まだまだ間に合うかもしれません。