ネット銀行の住宅ローン審査基準は?確実に低金利で借りたいので徹底調査

ネット銀行の住宅ローンは住宅購入の時に役立つものです。

申し込みはお近くの銀行や信用金庫またはネットバンクなどからも受け付けています。

とはいえ、どの銀行の場合でも融資実行可能なのかどうか、という審査があります。

重要とみなされるところはどのような職業、勤続年数は何年、年収はいくらか?が主に参考にされます。

かつ、過去にお金に関するトラブルがあったかどうかも基準の中に含まれているので万一心当たりがある場合は最初にそちらを整理し申し込みをされると良いでしょう。

物価が上がる前にマイホームが欲しいと思ったとき金融機関ならどこでも申請可能な住宅購入時の貸付を頼ると良いです。

申し込み後は初めに審査がありますので、それを受ける必要があります。

パスしないと先にはいけません。

ここで特に重要と判断されるポイントは仕事の内容、何年務めているか、年収はいくらか、が主に見られます。

さらに、カードローンの利用歴もチェックされるケースが多いので今後住宅購入を考えているのであればあまり無謀な使い方はされないことをお勧めします。

自分の家を購入するときの資金として、頼りになるのがネット銀行の住宅ローンです。

申請方法はとても簡単で自宅近くの銀行などでも受付可能ですし足を運べない。

という場合はネットバンクなども良いでしょう。

加えて、不動産屋と協力している銀行にするといった考えもできますから、ご自身の都合に合わせることが可能です。

申請後は審査があり、支払が始まった場合約10年間にわたって控除を受けることが出来ます。

その場合年末調整では受付不可なのでローンを組んだ年の確定申告に自分で行く形になります。

ネット銀行の住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。

ローン金利はだいたい大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。

あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行の方に、おすすめですよ。

などと言われる事はありません。

一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。

また、金利のタイプによって審査が違ってくる。

と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。

固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。

今後、自分の家を建てるために準備されている方で支払うためのお金を少しでも親族に援助してもらう方は、もしも贈与税が発生した場合に備えて確認しておきましょう。

これは金額によって払うべき税金が決まっているもので、例を挙げると年間で110万円を超えるお金をもらった場合、10%の税金を支払わなければなりません。

なのでそれ以下の金額であれば問題ありません。

他にも年齢や金額によって細かく決められているので、支払いを上手に済ませるためにもこうした内容も確認しましょう。

他にも払うべき手数料や税金について調べておくと安心です。

ネット銀行の住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。

この保証会社とは「団体信用生命保険」という保険になります。

団体信用生命保険の内容は、世帯主に生命に関わる危機があった場合、残りのローン残金が0円になるという保険です。

これは残された家族はこれにより、ローンの負担がなくなる。

という特別処置です。

どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどです。

保証料は自己負担ではないので、安心してネット銀行の住宅ローンの申し込みが出来ます。

きっとこれから先もこれだけ高額な買い物はないといえる、大事なネット銀行の住宅ローンをどんな点に注意して選びましたか。

まだローンを組む銀行が決まっていないという方も、まずは実際に利用している方の口コミを参考にしてみると良いでしょう。

近年、注目を集めているのは新生銀行なのをご存知ですか。

低金利というのが多くの方から支持される理由でしょう。

また繰り上げ返済時の手数料や保証料が無料で、月末までに申込みをされた方には嬉しいサービスもあります。

ですが年収1000万の方でも減額提示される事もあります。

後で後悔しないためにも今できる最善を尽くしましょう。

参考:ネット銀行の住宅ローン審査基準は?徹底比較!【審査落ちを防ぐには?】

これから住宅ローンを組む予定のある方に、ボーナス払いを視野に入れる前に注意して頂きたい事があります。

思いも寄らない収入が入りそのまま返済できれば、月に返すお金が減るのでとても楽になります。

ただ今の世の中は、ボーナスが確実に出ない会社も多数あり年によって全く出ないなんて事もあるかもしれません。

そういう事もあって臨時収入を最初から返済にしている方は、意外にも半分以下であるというデータもあります。

それでもまとめて返済をしたいという方は、任意返済が出来る銀行を探してもいいですね。

数年後に、ローンを組んで家族と住むための家を購入したい方は融資を受けたお金をどれ位の期間で完済するのか相談しましょう。

普通は、25年や35年といった決まった期間で申請するのですが現に、25年や35年かかる方は半分程度だそうです。

殆どの方が10年以内に返済することを目処にしています。

決まった月に振り込まれる賞与などを返済に充てる場合には、まとめて返済できるプランを選ぶと良いですね。

将来かかってくる経費と今の状況を合わせて考えながら、無理のない返済が出来るように計画を立てましょう。

直接、スタッフに相談して決めるというのもお勧めです。

家の購入で初めに思う事は現金調達の事でしょう。

全体的に、銀行から借り入れするネット銀行の住宅ローンを申し込む方法がおすすめです。

ローンを申し込むときは、一番稼ぎがある方の名前で申請しなければいけません。

支払は最長35年間という非常に長い期間に及ぶこともあるので銀行側も申請者に何かあった場合の保険として団体信用生命保険の申請も同時にさせられます。

これは万が一のことがあって支払が出来なくなった時残りのローンの支払義務がなくなる。

という事で、残された家族にもありがたい保険です。