ここ何年かの間に光回線業者が高齢者宅を訪問し言葉巧みに契約させる事件が多く発生しています

ここのところ、光回線業者が高齢者の住む家を訪問し、強引な勧誘を迫ったり、判断力が低下したお年寄りを言いくるめて契約させるなど、光回線の契約に伴うトラブルが増えています。
この事態を受けて、総務省は契約後8日以内なら問題なく解約が行える光回線契約に関しクーリングオフ制度を2015年に導入する方針を明確にしました。
光回線を申し込もうとする時、回線の速度が速いと述べられてもいうほどイメージがふくらまないものです。
しかし、現実に使ってみると、早いという感覚はなかったとしても、遅い場合は強いストレスを感じます。
普段からどれほどのスピードならば自分が快適に使用できるか知っておくべきだと感じます。
ソフトバンク系列の安い通信会社の場合でも、期間の途中でやめる場合に、違約金が発生するのでしょうか心配です。
これは、ワイモバイル契約時におけるプランによって変わるそうです。
契約内容が2年に満たないか3年に満たない場合の解約で9500円もの解除料金が発生します。
契約する場合には、十分気を付けてプランを選びましょう。
契約しているスマホの2年縛りの契約が終えたら、次にどうするか迷っています。
最近、ワイモバイルを知ってネットにて調べているのですが、下取りキャンペーンというのがしていることを知ったのです。
下取りのお金がかなり気になります。
お金がよければ、下取りに出すこともいいと思っています。
知名度の高くないワイモバイルの場合、解約する際に発生する解約金を安い料金にしたり、契約の期間を短くしたりしてお試しの期間を設けるようにすれば、契約の数がかさんでいくかと思います。
安さに魅力を感じていても、1年以上の契約期間があっては、なかなか契約に踏み出すことのできないものです。