住宅ローンの金利が気になったら?

住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
ローンの利率はだいたい大きく分けて変動金利もしくは固定金利がありますね! どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行側から薦めなどはありません。
基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。
また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。
といった事はなく、公平な審査が行われます。
どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。
住宅購入の際に役立つものがフラット35住宅ローンです。
ローンの申請は、銀行や信用金庫などから行うことができます。
ローン申請の際は、むこうから提示されるいろいろな資料を用意する必要がありますね! なんといっても、35年という長期間、多額の現金を貸し出すわけですから銀行側も年収や勤続年数にこだわって審査をします。
なので、申込をすれば『絶対に絶対に通る!!』 というものではありません。
通らなかった・・という方もたくさんいらっしゃいます。
基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が最低の判断基準ラインと言われています。
都合によりフラット35住宅ローンがまだ残っている段階で失業した時は、今後の返済はどうなってしまうのでしょうか。
嫌なトラブルが起こっても対処できるように備えましょう。
今、どのような立場に自分が立っているのか確認します。
私に非はなく会社側の理由で辞めることになったのか、理由によっては、退職した後の支給金に大きな差が出るからです。
勤め先の事業で辞めた場合は、一年間分の手当てが出るので改めて職場を探しながら、返済をしていけると良いですね。
けれども、延滞してしまうと信用を失いローンが組めなくなるので優先順位を考えて行動するようにしましょう。

固定金利住宅ローンランキング!固定でも低金利!【フラット35がいい?】