リフォームローン審査の必要書類は?見積書や工事請負契約書は必要? 【Q&A】

リフォームローンにシミュレーションできることをご存知ですか?シミュレーションは大手金融機関のHPで試算フォームが設置されています。

検索サイトで「リフォーム」「シミュレーション」と入力すると複数の検索結果が表示されますので、上位のサイトへアクセスしましょう。

借入希望額や返済期間、ボーナス時の返済額などを入力すると月々の返済額が即座に算出されるので、ローンを組む前のシミュレーションにもってこいです。

個人情報の登録などは一切ないのでここで借りなければいけないのかなといった心配をする必要はありません。

返済額の計算は難解ですから便利な機能をありがたく使っていきましょう!後悔しないリフォームローンの選び方は金利だけに拘ってはいけないということです。

借入期間や上限金額もとても重要ですし、保証人や担保が必要か否かなども選ぶポイントとなります。

団体信用生命保険(団信)に加入できるか否かや事務手数料などの諸費用も比較要件となります。

建材メーカーの中には、自社の商品でリフォームした場合金利は0%、しかも無担保でリフォームローンを組める場合もあります。

リフォームローンは種類が多いのでまずはリフォーム会社に相談してみてはいかがでしょう。

リフォームローンを組むことによって受けることができる控除は所得税の控除があります。

申告をすることで、その年の所得税からリフォーム工事費の10%(限度額あり)が還付されるというものです。

対象となるリフォーム工事の内容と限度額に関しましては条件があり指定されています。

省エネや耐震、三世代同居といった場合は25万円、バリアフリー工事は20万円と決められています。

控除の必須要件として自身が所有し居住することや所得が3000万円以下でなければならないなどが上げられます。

楽天のリフォームローンといえば【フラット35(リフォーム一体型)】があります。

リフォーム用の工事代金と住宅購入代金とを合わせ1つのローンで融資が受けられるという商品です。

2016年10月からは新しく【フラット35】リノベという商品が発売されました。

フラット35(リフォーム一体型)と異なる点は当初5年間または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられることです。

注意点として工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はできません。

リフォームローンの口コミでは、口コミ評価が高い金融業者が一概に良いとは限りません。

どうしても低金利なローンには人が集中するので審査基準は比較的厳しめという傾向にあります。

審査が厳しいが故に多くの人が審査落ちしその腹いせとして悪い口コミを書き込むということは多くあるのです。

ですから、口コミに流されてローンを選んでいると自分に合った商品を見落とすかもしれません。

特に金融関係の口コミの場合、口コミの件数だけではなくどういった経緯でその評価になったのかという理由が重要なのです。

融資を受けたリフォームローンに余剰が出た場合、借り入れた金融機関に返金する必要はあるのでしょうか?融資される金額は業者の見積書などによって決定するため余剰が出るケースは稀ですがわざと多く借りたみたいで不安になりますね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しないように見積もり時に上乗せ融資をすすめてくるリフォーム業者もいます。

追加融資が難しいと判断した金融機関では、担当者も上乗せ融資を勧めることがあるようです。

余剰分が出ても最終的に完済されれば問題はありませんので、そのまま放置していても構わないのですが、気になる人は繰り上げ返済をしておけば良いと思います。

リフォームローン金利比較を効率的に行う時は評判の良い比較サイトを利用すると良いでしょう。

数社の金融機関が一同に掲載されている比較サイトであれば限度額や借入れ条件を簡単に比較できます。

気になる金利や借入限度額など条件に応じて並び替えができるのも便利です。

サイトによっては金融機関のバナーが貼ってありますのでわざわざ検索する手間が省けます。

近年ネット銀行が広く普及してきたので、ネットで完結できるローンが増えています。

リフォームローンの金利は金融機関によって異なります。

1%台からの低金利なところもありますが、高金利になると15%に近い金融機関もあります。

金利体系も2種類あり変動金利と固定金利があります。

変動金利のメリットとして金利が低いというのがありますが、景気の動向に応じて金利が変動するリスクがあります。

一方、固定金利は完済するまで金利は変化しない安心感はありますが、金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利のまま返済を続けるリスクもあります。

口コミで評判の高いアプラスのリフォームローンはTポイントが貯まります。

引用:http://www.freedomisavoice.com/faq/documents.html

申込できる人は20歳以上65歳未満の安定収入がある人で融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)というライトなローンなのが特徴的です。

アプラスの金利ですが、短期融資なので7.20%から14.40%と少々高めの設定になっています。

オンラインで申し込みが可能なことや保証人・担保が不要で、小規模なリフォームには適しています。

返済シミュレーションも条件を細かく設定できるので、アプラスのリフォームローンについて詳しく知りたいという方は、一度、HPをご覧になってみてくださいね。

周知のとおりリフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上がったり下がったりします。

担保の有無によっても金利が変動し近々では有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場となっています。

金利タイプは2種類に分けられ変動金利型と固定金利型があります。

変動金利型は市場金利に応じて半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型というものは市場金利の変動に関わらず、金利が一定のローンです。

更に固定金利型には完済まで金利が継続される長期固定金利型と指定した期間内だけ固定金利になり満了するごとに長期型か変動型する固定金利選択型があります。

比較的手軽に利用できるリフォームローンの無担保型とは担保がいらないリフォームローンです。

保証人を確保しなくても借りられるので他のローンと比較して割と手軽に利用出来るローンとなっています。

一方で、金利が高いことや、借入期間が短い、限度額が少ないなど担保型に比べて不利な点が多くあります。

そのため無担型ローンが適しているという場合は規模が小さいリフォームになります。

持ち家かつ、少額のリフォームということになれば余裕がある家庭のリフォームとみなされることが多いため審査に通りやすいという傾向があるからです。

リフォームローン減税というものをご存知ですか?リフォームローン減税とは住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になる減税です。

対象となるリフォーム工事にはどんな工事でも対象になるというわけではなくいくつか定められた条件があります。

工事内容は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などでしかも100万円を超える場合に適用されます。

申請を行う人物についても要件があり工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することや、年収3000万円以下で返済期間が10年以上など細かく条件が定められています。

減税制度を受けるには自己申告制になっているため入居した翌年に確定申告をする必要があります。

リフォームローンを組む場合、いくら借りられるかというのは、工事をする上で最も大切なことと言えます。

ですが、住宅ローンと比べると借入限度額はわずか1/10です。

リフォームローンで借入れできる金額は最大でも500万円から1000万円以内がほとんどです。

しかし、リフォームローンの金利は2%から5%という高金利で、返済期間は最長でも10年から15年ですので、借入金額が多くれなれば比例して返済額も大きくなってしまうのです。

無理のない返済額に応じた借入額を事前にシミュレーションすることが大切です。

リフォームローンの一体型とは要は、住宅ローンとセットなっているローンのことです。

中古物件を購入してリフォームを予定している場合一体型ローンを視野に入れると良いでしょう。

リフォームローンというものは住宅ローンよりも金利が高いため一元化することでリフォームの費用も低金利で借りられるのです。

ただ、気を付けなければいけないのが、ローンの事前審査でリフォームの見積書が必要と言われたり、リフォーム工事の契約書が必要になる場合があります。

ですから、物件探しと同時にリフォーム業者を探す必要があるのです。

リフォームを行うにあたって必要となってくるのがリフォームローンの頭金です。

その料金は施工業者によって違うようです。

リフォーム工事に取り掛かる前に頭金が必要という業者もいれば工事が完了してから一括払いでお願いしますという業者もいます。

リフォームの金額も工事業者によって大分違いますので少なくとも2 3の施工業者から見積もりを取ることをおすすめします。

頭金の金額は工事費用の1割から2割くらいが一般的ですが、契約前にも関わらず先に用意しておきますねと、手際が良い風を見せかけて資材費を請求してくる業者もいます。

リフォーム業者選びを失敗しないためには事前に契約内容をきちんと確認することが大切です。